ペットが亡くなった後|ペット用品を買うなら通販がおすすめ|ペットの為に用意できるもの
女の人

ペット用品を買うなら通販がおすすめ|ペットの為に用意できるもの

ペットが亡くなった後

仏壇

ペットが死んでしまった時

大切な家族として迎え入れたペットも、いつかはその命を終える時が来ます。ペットが死んでしまったとき、どのようにしてあげれば良いでしょうか。日本の法律ではペットの遺体は、土葬しても問題ありません。驚くかもしれませんが、遺体は一般廃棄物という扱いを受けますのでそのような処理をしても法律上は問題ありません。ただ心情としてペット火葬をしてくれる業者などに頼むのが一般的です。土葬しても問題ないと述べましたが、その際に注意する点が2点あります。一つは遺体をそのまま埋める場合、最低でも1mの深さまで掘る必要があります。カラスなどに荒らされないため、また臭いなど衛生上の問題からです。二つ目に他人の敷地や公園など公共の場に土葬すると不法投棄となり罰せられます。

ペットの火葬を考える

ペット火葬を行う場合どのような手順をふむのでしょうか。まずペットが死んでしまった時、慌てるとは思いますがまず落ち着いて遺体を安静にしましょう。死後急速に硬直してしまうので、足を曲げふだん寝ている形に整えてあげましょう。足が延びた状態にならないようにしなくてはなりません。夏場は特に涼しい所へ移してあげましょう。冷房や保冷剤を使うと良いです。ペットとの最期を過ごした後は、どのように供養するかを決めます。火葬か土葬か、自治体にお願いすることもできます。一般的には火葬が多いですが、ペット火葬といっても様々なタイプがあります。個別火葬の場合は返骨されますが、合同火葬の場合はされません。立ち会い火葬の場合、お骨は家族の手で拾ってあげられます。ペット火葬をしてくれる業者は様々あり、なかには悪徳な業者もあります。また火葬のタイプにより料金も違います。色々な選択肢の中から、どのようにしてあげるか家族で話し合う必要があります。